- 秋の訪れ

 あの涼しさは秋だった。ほらもう、秋が扉をノックしている。耳をすませば、冬の足音がかすかに聴こえる。