東大で飼育されているブタ(ブタのアイデアは沢村さんとこより。飼育場のアイデアはスケルツォさんとこより)

 今日となりに座ってた理3のバカ女(当然知りあいではない)がケータイ弄っては寝てたので殴ってやろうかと思った。邪魔。殴るのは冗談としても、注意してやろうと思ってたら、ケータイが震えたので、いまだと思ったが講師が話と板書をはじめる。 他人の注意なんかよりは授業の方が数段面白いので、それを写して、次ケータイが鳴ったら注意してやろうと思っていたら、メールの相手から返信がもらえなかったらしい。授業が終わるまでほとんど寝ていた。楽しいメールの時間とやらを眠たい講義室でわざわざ過ごすなんて頭悪すぎだろ。来週ノートやってもいいから、来週は出席登録さえしたら帰ってソファの上ででもメールしてろ。
 次回はこんなところで文句をコボすでなく、ちゃんと威厳を持ってクズどもには注意をしよう。(多分前述のクズは会話の内容から先輩らしいけれど知らん。) こんなところで言っても決意表明文以上のものにはならないからだ。例えば講師の字が汚い時、日記で○○先生の字が汚かった、次回はちゃんと言おう。と書くのはまだ決意表明なだけマシとしても、○○先生の字が汚かった。○○先生は生徒に教える気が無いのであろう。そもそも大学というものは〜〜〜!!と言っても何の改善にもならない。その授業の最中に直接、「先生!なんて書いてあるんですか!?」と聞いた方が数百倍も有用であろう。
 どうでもいいけど、こういう東大生が居るから、(マトモな人間は目立たず、クズみたいなやつは目立つので、まるで絶対数が多いように見えるという論理も相まって)「え、東大生?ああ、東大ねえ。人生は勉強ができるんじゃなくて、人格が大切で〜〜〜云々」とか言われるんじゃないのか。 確かにこういうクズって「勉強もできず、性格も悪い」よりはちょっと「マシ」なレベルで、やっぱりこういう悪い芽みたいなものは“身内”がちゃんと摘まないと、喫煙者の肩身の狭さのようなものにいずれ繋がってしまうんだろうなあ。 というわけで、喫煙者の方は、クズの喫煙者の取り締まりに心血を注いでください。*1例えば倫理的に喫煙してはいけない場所でタバコを吸うクズとか、ポイ捨てするクズとか(←東大にいっぱい居ます。例えば5号館あたりの外側中1・2階ラウンジ地面を見ればわかる)、そういうのが言わば癌で、全体のイメージを押し下げていく。 タバコ=「カッコイイ」のイメージが完全に、タバコ=「くさい、近寄るな」になってしまった現代への変遷とは、そういった一部クズが推進していったものだろう、そして、「俺はこんなクズとは違う“愛煙家”だしー」と見てみぬフリした喫煙者にも責任の端緒はあるとみて間違いはあるまい。

*1:はい、ここで論点のすり替えが行われたことに注意ですよー。